活水学院

活水学院は、1879年(明治12)にエリザベス・ラッセルによって女子のための学校として開校された。

その後敷地が拡張され、現校舎は大正から昭和初期にかけて建設された。

八角形のホールを中心に南西・南東・北西の3方向に伸びる翼部で構成されている。

居留地時代の建物ではない。

小チャペル