大浦東山手居留地跡

幕末の安政開国(1859年)で多くの欧米人が長崎に居住するようになった。

この外国人専用の居留地が大浦の東山手、南山手、出島などに設定された。

ここにはヨーロッパ風の建物(洋館)が建ち並んでいた。ホテル、事務所、劇場、

バーなどが町並みをつくって洋風の街が出現。今もなお異国情緒が残っている。

居留地は日本の治外法権の地区で外国人の自治地域であった。