旧居留地108番地

神戸開港間もない明治初期この場所に建てられた煉瓦造り建物の

窓まわりの部分です。窓枠には重量を支えるために御影石を三角に

組んで載せ、煉瓦は現在のものよりも薄いものが用いられています。

なお下の社名板は所有者が、昭和8年頃より建物の入り口に掲げ

ていたものです。(説明文)