外国人居留地68番の門柱

この地域一帯は慶応3年(1868)12月7日の兵庫開港によって設けられた外国人居留地の跡である。

京町68番地は明治2年(1869)に競売され、オランダ人ハルトマン・ベルツが百坪あたり201円2銭

5厘で落札した地所である。明治4年ごろには早くもれんが造りの倉庫が建てられていた。この門柱は

明治15年ごろこの地に住んだエッチ・ショニングの住居前に建てられたものと推定される。開港当時の

外国商館の面影をしのばせる貴重な文化遺産としてここに保存するものである。

昭和46年8月 神戸市長 宮崎辰雄