中華会館

明治43年(1910)

中華会館は純中国様式の建築として日本に現存する唯一の貴重な建物である。

函館から中国への海産物貿易が盛んな頃に在函華商が信仰する三国時代(魏・呉・蜀)の

蜀の武将として活躍した関羽(関帝)を奉祀する聖所として中国から大工・彫刻師・漆工らを招き、

煉瓦・祭壇・什器等資材も中国から取り寄せ、約3年の工期と巨費を投じて、明治43年(1910年)

12月に竣工した。内部は金色燦然たる関帝壇を中心として周囲に小部屋を廃し、装飾、調度品は壮麗を

極めている。建物は社団法人函館中華会館の所有である。

(説明板より)

 

特定日に内部見学可能になったそうです。