旧函館西警察署庁舎

大正15年(1926)建築

型枠コンクリートブロック造2階建

江戸時代、松前藩は藩財政を支える施策の一つとして福山(現松前)に船舶、船荷、旅人を検査して

規定の税金を徴収する「沖の口番所」を創設した。その後、江差と箱館(18世紀のはじめ頃)にも設けられ、

文政4(1821)年沖の口役所と改められた。明治2(1869)年に「海官所」さらに、翌年に「海関所」と改称された。
同8年に北海道諸産物出港規則が制定され、出港税徴収が開始されると、「船改所」と改称され、

その徴収業務を担当したが、同20年、出港税の廃止とともに船改所も閉鎖された。

なお、明治18年に船改所構内に函館水上警察所が置かれたが、船改所閉鎖後も存続し、

大正15(1926)年に建てられた建物が現存している。

(水上警察所は昭和27年に西警察署と改称し、昭和59年に新築移転した。 )

(函館市の説明板より)