外側から見た「料理部屋

写真左の外壁にも着目してください。出島の外周にはこのような高い塀が巡っていた。

この塀は、自然石を積んだ隙間にアマカワを詰める長崎地方独特の物で、

アマカワは赤土に石灰を混ぜて作る。

付近には「出島南西端」の看板があり以下のように書かれていた。

ここはオランダ船から荷漕ぎ船で荷物を搬入していた荷揚げ場の付近にあたる。