カトリック築地教会

所在地 中央区明石町5-26

設計者 ジロジアス神父 石川音次郎 

建築年 昭和2年(1927)

カトリック築地教会は、明治4年(1871)にパリ外国宣教会のマラン神父が、鉄砲洲の稲荷橋付近の商家を借りて開いた

「稲荷橋教会」がその前身とされます。明治7年(1874)、神父は宣教会の名義で築地居留地35・36番を借り受け、

ここに司祭館と聖堂を建てました。明治11年(1878)には、ここにゴシック様式赤レンガ造りの聖堂が献堂されますが、

この聖堂は関東大震災で焼失し、現在の聖堂が昭和2年に再建されました。聖堂は石造りに見えますが、

実は木造建築で壁面をモルタル塗りとしています。また、旧聖堂で使用された鐘は、1876年(明治9年)にフランスのレンヌで製作され、

当時の司祭であるルマレシャル神父から「江戸のジャンヌ・ルイーズ」と名付けられたもので、現在も教会に保管されています。

教会聖堂と鐘は、かつて外国人居留地のあった明石町に残された貴重な文化財として、中央区民文化財に登録されています。

現聖堂は当時の東京大司教であるレイ大司教の希望により、ギリシア建築パルテノン型が採用され、正面にはドリス式オーダーが立ち並ぶ。

暁星学園発祥の地の碑

すぐ近くにあります。碑の側面には以下のような略年表が刻まれています。

明治21年(1888)1月 青少年育成のため、マリア会宣教師5名来日

2月 京橋区築地新栄町(築地司教座聖堂)に開校

7月 麹町区元園町に移転

明治23年(1890)7月 麹町区飯田町(千代田区富士見)に移転、現在に至る。