聖路加タワー

アメリカ公使館跡石標

アメリカ公使館は安政6年(1859)ハリスにより港区元麻布1-6、善福寺に開設されたが、

明治8年(1875)12月築地の外国人居留地内のこの地に新築され、はじめて形容を整えた。

のち明治23年(1890)3月赤坂の現在地に移転され、現在の大使館となっている。

最後の移転により、この地には8個の小松石の石標が残された。

石標には、白頭鷲、星条旗、☆の3種類の彫刻が施されており、白頭鷲はアメリカの国鳥であり、

星条旗に彫られた13の星は同国初期の13州を示す。

8個の石標のうち3個は昭和59年(1984)10月に日米友好のシンボルとして赤坂のアメリカ大使館に

寄贈され、現在同大使館の前面に配置されている。残る5個の石標は、築地の居留地時代を伝えるものとして

中央区民文化財に登録されており、うち2個をここに、3個を旧病院前に設置する。  1994年5月 聖路加国際病院