芥川龍之介生誕の地

浅野内匠頭邸跡

(都指定昭和6年6月)所在地 中央区明石町10、11地域

常陸笠岡(茨城県笠間市)藩主 浅野長直(1610〜72)は正保2年(1645)、

播磨赤穂(兵庫県赤穂市)に領地替えとなり、5万3500石を領して内匠頭と称しました。

子の長友の代に分与して5万石となります。

ここから北西の聖路加国際病院と河岸地を含む一帯8900余坪の地は、

赤穂藩主浅野家の江戸上屋敷がった所で、西南二面は築地川に面していました。

忠臣蔵で名高い浅野内匠頭長矩(1665〜1701)は長友の子で、元禄14年(1701)、

勅使の接待役に推されましたが、3月14日、その指南役であった吉良義央を江戸城中で刃傷に及び、

即日、切腹を命ぜられました。この江戸屋敷及び領地などは取り上げられ、赤穂藩主浅野家は断絶しました。

平成7年3月 中央区教育委員会